about

「鈞窯」は金元時代(12~14世紀)に河南省禹県一帯で焼成された磁器の一つです。
その特殊な釉薬は、焼成されると空色の地に赤紫色の斑文が現れます。
これを「窯変」と言いますが、鈞窯はその美しい「窯変釉」で名を馳せていました。
中国の無形文化財となっています。

本ショップの作品は本場中国河南省の芸術家王志勇さんが設計した作品をメインに販売しており、
より多くの方に、窯変釉の美しさを知っていただきたく、このショップを開設しました。

昔から残ってきた中国の言い伝え「钧瓷无对,窑变无双」があり、
同じような作品を作ることができないと意味しています。インテリアとしてもちろんですが、収蔵品としてもお勧めします。